環境とダイカスト

ダイカスト(Die Casting)とは、溶解金属を鋳型の中に高圧をかけて流し込み、寸法精度の高い製品を造る鋳型方法の一種です。鋳肌が滑らかで機械加工が少なく、多種小ロットの製品が短時間に低コストで鋳造できます。高いクオリティを維持しつつ量産できるダイカストは、あらゆる産業の発展に欠かせません。昨今では、資源の消費は環境への負荷をできるだけ抑制する「循環型社会」の確立が急務となっていますが、ダイカスト製品はいち早く、そういった時代の要請に応えてきました。これからも人と社会にやさしい技術として、ダイカストは貢献し続けることでしょう。

環境方針

理念
豊かな自然を継続的に守り未来の子孫へと伝えると共に企業の永続的発展を認識し、「環境保全」を事業活動の課題として積極的に推進する。
方針
① 環境に関する法規制及び利害関係者との同意事項を遵守し、事業活動に伴う「環境負荷」を減少させ、環境保全の目的、目標を維持管理する。
②環境汚染の予防のため、「環境影響」を捉え、廃棄物低減、省エネ、省資源などを推進する。
③当社及び当社のために働くすべての人にこの方法を周知し、自覚と責任を持って継続的改善活動を行う。

2011年5月24日 愛同工業株式会社 代表取締役 渡辺 裕介

循環型社会(3R)

私たちはダイカスト製品ならではの特性を通じて循環型社会(3R)の構築を目指します。
薄肉化による軽量化の技術、複雑な形状をより少ない工程で作る技術が、省エネを推進します。


堅牢な鋳型で同一製品が繰り返し造れる上、強度・高級感・質感に優れており、長期間使用できます。


溶かせば原材料として何度でも再利用できるので、資源の有効活用に貢献します。